本屋さんで、読んで、選んで、試してみた!

お気に入りの本等を、ちょっと偏り気味にご案内!

観る:Eテレ『びじゅチューン!』

ベストセラーとはほど遠かったり、そういえば昔あったよねと懐かしんだり
完全趣味の領域、はたまた、それ本じゃないでしょといったものまで
どこか偏ったチョイスでつらつらと感想を綴っております。
なので、あくまでも個人の感想ということで、ご了解下さい。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

 

初めてみたのは、たまたま

Eテレにチャンネルを合わせた時でした。


番組の終わりの方だったので

全体像がわかりませんでしたが


何かの絵画か、美術品を題材に

歌っているのはわかりました。


しかし、なんだか奇妙キテレツ。

 


その番組が、お正月の夜中に

一気に再放送されていたのです。


これはもう、録画するしかないでしょう!!

 

 

 

NHKEテレびじゅチューン!」

作詞・作曲・アニメ・歌 井上 涼

 

 

卒業製作でのアニメーションが評判になり

その後、「びじゅチューン!」で

子供の心を鷲掴みしたアーティスト・井上涼氏。


作詞作曲・アニメ・歌。

全て、この方が担当しているそうです。

 


・・・全部やっちゃうとは、すごい。

 


しかも、美術作品の解釈もすごい(笑)

 


美術作品の、作者の人物像とか製作の経緯とか

そんな、こむずかしいことは、横に置いて


じっと作品を見て、どんなのが浮かんでくるか。

 


その結果が・・・

 


ムンクの叫び」は、激辛ラーメンになり

太陽の塔」は、保健室の先生になり

鳥獣戯画」は、今トレンドの『筋肉は裏切らない』

 

 

真珠の耳飾りの少女」なんて

私が幼き頃見ていた「ラ・◯ーヌの星」

というアニメを思い出し←かなり古い

懐かしくなってしまいましたわ。

 


アニメのインパクトもさることながら

歌詞と曲も中毒性があって

いつのまにか、脳内でループしています。

 


番組中、歌は最初と最後、2回流れます。

最初は、井上氏本人のみの歌。

最後は、コーラス付きの歌。

 


コーラスの歌詞も、これまた凝りに凝ってまして

歌っている方達は・・・なんだろ、これ?

って、思ったのではないかなと(笑)

 


曲の間に、井上氏の解説が入るのですが

最初の頃は、どこかのホールで

紙芝居をしながら、語っていたのが


段々と、スタジオになり、小道具も増え

いろんなことをやり(やらされ?)始め

こちらも、凝りに凝った趣向になっています。

 

 

実は一連の作品、びじゅチューンHPの

動画でみることができます。

NHK太っ腹!!


ただし、井上氏の解説映像は入っていません。

これは、ちょっともったいないかも。

(DVDには入っているようです)

 

 

ちなみに、各作品の中で

色々とリンクしていたりしています。

登場人物とか、場所とか。

 

それを探すのも、おもしろいです!

 

 

 

楽天はこちら


びじゅチューン! DVD BOOK [ (趣味/教養) ]

 

※アマゾンはこちら 


びじゅチューン! DVD BOOK