本屋さんで、読んで、選んで、試してみた!

お気に入りの本等を、ちょっと偏り気味にご案内!

読む:『人生がときめく片づけの魔法 改訂版』

ベストセラーとはほど遠かったり、そういえば昔あったよねと懐かしんだり
完全趣味の領域、はたまた、それ本じゃないでしょといったものまで
どこか偏ったチョイスでつらつらと感想を綴っております。
なので、あくまでも個人の感想ということで、ご了解下さい。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

 

「人生がときめく片づけの魔法」は

出版未定が続いていて

古本での購入しか出来てなかったのが

 


今回、出版社を変え

改訂版が出版されました。

 


興味のある方は、今がチャンス!!

 

 

f:id:ooaozorahahiroi:20190328214701j:image

 

人生がときめく片づけの魔法 改訂版

近藤麻理恵 河出書房新社

 

 


私が最初に読んだのは、以前のサンマーク版になります。


いつ頃の発行だったかな。

 

 

・・・2010年でした。


もう、10年近く前になりますか!

 

 

 

もちろん当時も注目度抜群で、

マスコミにも引っ張りだこでしたが


よもや、アメリカに進出し

出演する片づけの配信番組がヒット

社会現象を巻き起こすことになろうとは。

 

 

 

そのころ、私は以前に紹介した本

「ガラクタ捨てれば自分がみえる」をきっかけに

だいぶ物の処分をしていました。

 

 


なので、この本が話題の最新片づけ本で

注目されていたのは知っていたんですが

はじめは、読んでもいなかったのです。

 


でも、TVでの片づけコーナーをみたり

書店で平積みされているのを、見たりしている内に

読んでみようかな、と購入に至ったわけですが


これはですねえ、片づけ本には共通している

「あるある」かもしれませんが


猛烈に片づけがしたくなり

それから、猛烈な片づけ期間

著者のいう『祭り』が始まりました。

 

 

自分では、前回の片付けで

終了していたつもりでした。


ですが、残っていました。

まだ、不要品が。

 

前回片づけたのは、自分が不要品と

「思っていた」もの。


今回、片づけたのは不要品

「じゃないと思っていた」もの。

 

 

片づけに当たって、まずはジャンル別毎に

自分の所有の物を出し切って

1点1点確認します。

 


結構片づけたんですよ。本当に。

それでも、山盛り出てきましたね。

 


衣類や書籍は、思った以上に

わんさか出てきます。

 


そして、それらを

「ときめき」のふるいにかけます

 


いる、と思ってたのですよ。

だから、残っていると思っていました。

 


ところが、いざ自分に問いかけると

「いらない」「必要ないかな」「使わない」

 

 

出てくる、出てくる。不要品。


厳選につく厳選で、残った物は半分以下。


増えていく、処分品の山。

 

 

またもや、リサイクルショップに

通うことになりました。

 

 


この本の最大のポイントは

 

 

「何を処分するか」よりも


「何を残すか」です。

 

 

 

自分が気持ちよく暮らしていくために

「何に囲まれて」暮らしていくのか


それを、徹底的に精査して選んで残していく。

 

振り返れば、それらを残す「理由」なんて

大雑把にしか考えていなかったですね。

 


たとえば、衣類。

ほとんど着ていない衣類は、処分してましたが

それ以外は、「着るから」と残していました。


実際に、ひとつひとつ手に取ると

形が気に入らないとか、色あせていたとか

え? こんなの着るつもりでいたのとか(笑)

 

「ときめき」という、曖昧な感覚が基準ですが

その曖昧な判断ですら、していなかったです。

 

 

でも、そんな曖昧な感覚で、いきなり

たくさん処分したら、後で困るのでは・・・

と、心配してしまうかもしれませんが


私の場合、案外問題なかったです。

びっくりするくらい、あれ?

なに持っていたっけ??

と、なっていました。

 


とくに、小物とか思い出の品とか

思いこみが強い分、残しがちでしたが

実際、手にしてみると


・・・いらないわ、これ


と思ってしまうことに、愕然としてました(笑)

 

 

 

あ、それでも。

この方法、私にはあわなかったな〜

というのも、あります。

 

収納の場所を決めるのに

行動動線は気にしなくてもいい。

と、あったのですが

 

結局は、そこにいくのが

面倒になってしまったりして

やっぱり動線気にした方がよかったです。

 


こちらでもありましたが

 

 

人それぞれ、合う合わないがあるので

適宜に判断が必要になりますね。

 

自己責任です!

 

 

ところで、この片づけの「祭り」は

1日でも早く終わらせるもの、だそうです。


今年のGWは長い休みです。

これを利用して、一気に勝負を掛けるのも

いいかもしれません。

 


(私はしっかり仕事がありますが・・・)